アンプの種類と役割を知ろう

オーディオやホームシアターに必要な「アンプ」が、なにをするためにあるものかよくわからない、という話を聞いたので、この記事で超初心者向けにさらっと説明してみたいと思います。

アンプってなんのためにあるの?

1行で答えると、こうです。

 アンプは、プレーヤーから来た微弱な音声信号を、電力を使って増幅する装置です。

そうしてあげることで初めて、実用に足る音量でスピーカーから音が出るようになるのです。逆に言うと、プレーヤーとスピーカーを直接つないでも、満足に音は出てこないということです。その仲立ちをするのがアンプの役割なんですね。

一口にアンプといっても、単体として製品化されているものばかりでなく、コンポのなかに部品として入っていたり、アクティブスピーカーの中に隠れていたりもします。だから「知らない」「見たことがない」という人がいても不思議ではありません。いずれも小さな音声信号をパワーアップする働きをしています。ボリュームとは違いますよ。スピーカーで音楽を聴くためには不可欠の装置なんです。


はい、アンプについての基本の基本はこれでおしまいです。とても簡単でしょう?


いろんな種類のアンプがあるけど?

プリアンプ、パワーアンプ、AVアンプ、デジタルアンプ、真空管アンプ、いろいろ聞いたことがあるけれど、どう違うの?

それは、「用途」と「音を増幅する仕組み」の違いです。

まずは用途別に分類してみましょう。オーディオ用としては、大雑把にいって入力される信号を切り替えたり音色を調節したりする役割のプリアンプと、その信号を増幅する役割のパワーアンプが使われています。そのふたつを統合したアンプがプリメインアンプです。メーカーによってはインテグレーテッドアンプと呼ぶこともあるようです。

プレーヤーとスピーカーの間にそれらのアンプを設置することで、プレーヤーから出力される微弱な信号がスピーカーに入るまでにきちんと増幅されて、人の耳に豊かな音楽として聴こえるようになるわけです。その過程で音質が個性的に変わってくることも多く、アンプ選びのひとつの要素になっています。

オーディオ用以外のアンプにはAVアンプがあります。映像出力をそなえていて、テレビやプロジェクター、ブルーレイレコーダーなどのAV機器の中心として機能します。2chで運用することの多いオーディオ用とは違い、サラウンドシステムを構築するために、6台(5.1ch)、10台(9.1ch)などと多くのスピーカーを接続できるようになっていることも特徴です。

バンドをやっていた方はご存知のように、その他のアンプにマイクアンプだとかギターアンプがあります。ギターアンプにはアンプヘッドとスピーカー部分がセパレートできるものや、スピーカーと一体になったものがありますが、音声信号を増幅するという基本的な機能は同じです。


真空管・半導体(トランジスタ)・デジタルアンプ

では次に増幅の仕組みで分類してみましょう。アンプには大別して真空管アンプ半導体(トランジスタ)アンプデジタルアンプがあります。真空管アンプと半導体アンプを総称してアナログアンプと呼ぶこともあります。「アナログ」アンプというのは、デジタルアンプが出現したことによるレトロニムですね。


レトロニム (retronym) とは、ある言葉の意味が時代とともに拡張された、あるいは変化した場合に、古い意味の範囲を特定的に表すために後から考案された言葉のことを指す。
- Wikipedia『レトロニム』


現代の多くのアンプは半導体アンプとデジタルアンプですが、旧来の真空管アンプにも根強い人気がありますし、その暖かみのある雰囲気がリバイバルで人気、というような記事がときどき新聞に載ったりもします。

オーディオ用アンプにもAVアンプにも、それぞれにアナログアンプとデジタルアンプがあります(真空管のAVアンプは見たことがないですが)。

音質も様々で選ぶのも楽しいものですが、近年一般化してきたデジタルアンプに関しては、低域の制動力に優れるとか、しかし高いレベルでは半導体の総合的な完成度にまだ追いついていないとか、いろいろな意見があります。

確かなことは真空管→半導体→デジタルの順に消費電力が小さくなって発熱も小さくなり、エコになってきているということです。夏場は暑くて真空管アンプなんて使ってられねえ、というユーザーもいます。私もそのひとりです。真空管アンプは涼しくなってからがいいです私は。見た目的にもね。

「用途」と「仕組み」で呼び方が変わるということが理解できたでしょうか。ここからはちょっとした余談です。


おまけ:フォノイコライザーとは

フォノイコライザー(フォノアンプ)という機器もあります。すんなりアンプの仲間に入れていいかどうか微妙ですが、これはアナログレコードを聴く時に必要になるものです。小さなパーツとしてレコードプレーヤーや他のアンプの内部に入っていることも多いですし、単体として立派な製品になっているものもあります。

アナログレコードは、低音ほど小さいレベルで録音(というかプレス)されているのだそうです。これは、正直に高音から低音まで同じレベルで録音するとレコード盤の直径がものすごく大きくなってしまうためで、これでは実用的でないということで、音源をコンパクトに録音するための方法として考えられました。

レコード盤の製造初期にはその程度はまちまちでしたが、現在はどのレコードもRIAA(リア)カーブと言う一定の基準で低音ほど小さく録音されています。これをそのまま増幅しても、元の音楽として聴けるようにはならないわけです。高音ばかりが強調された曲になってしまいます。

フォノイコライザーはそのRIAAカーブを逆に適用して、元どおりのフラットな状態に戻す役割を持っています。まさにイコライズする(equalize=均等にする)機能を担っています。フォノイコライザー単体で音声信号を増幅できるわけではありませんが、これも特別な役割を持ったアンプの一種と言えます。


基本的な知識を持って適切なアンプを選ぼう

超初心者むけにざっとアンプのいろいろについて書いてみました。あやふやな知識は整理できたでしょうか。それとも余計に混乱してしまったでしょうか。お役に立てたなら幸いです。(iG)


あわせてこちらの記事もご覧ください