見た目を裏切らない上質な音のS-300NEO

S-300NEO-CH
S-300NEOの音質は中高温キレイ,見通しクリア

音質レビュー

クラス随一の仕上げから美音

まずはなんといっても、ひと目でわかるこの「クラスを超えた質感」がS-300NEOの特徴です。キャビネット全体の造りや、曲面と平面で構成されたデザインもさることながら、深みのあるチェリー色の美しい塗装は、人の視線を吸い付けるような上質さです。

専用のクリーニングクロスまで付属していて、仕上げに対する作り手のこだわりが感じられます。実物は写真の印象よりやや大きく感じますが、リビングに置いてあっても決してインテリアの調和を崩すことのないスピーカーです。

音の出方のほうもそのイメージ通りで、ゆとりを感じさせる、なめらかでクリアな美音です。耳が視覚に引っ張られていた可能性もありますが、見た目の印象をおおよそ裏切らない、端正で品のある鳴りだと思います。これは特に弓を使う弦楽器にはぴったりだと思いますよ。もちろん繊細すぎることもないので、JBLモニター的にゴリゴリ鳴らしたいのでない限り、現代ジャズなどにも十分に対応できるでしょう。


バイワイヤリングで低音を拡充できる

S-300NEOはバイワイヤリング接続に対応しています。各種レビューによると、実行することで低音の拡充が見込めるとのこと。そのままでも十分に美音を奏でるこのスピーカーですが、一段階の変身を残しているわけですね。

バイワイヤリングには、それによって音がよく変化するスピーカーと、そうでないスピーカーがあると言われています。レビューを読むとS-300NEOがよく反応するタイプであることは間違いなさそうです。変化の方向性にも、低音のパワーアップというはっきりした傾向が現れています。「なんとなく変わる」といった域を超えた、あきらかな変化が期待できます。

「シルキー」そして「透きとおるよう」という狙い通りの賛辞を獲得しつつ、さらにケーブル次第で2通りに楽しめる本格派に仕立てているのは、江戸前TEACの心意気でしょうか。


比較したい機種は?

存在感の似ているウッドコーンSP

VictorのウッドコーンSX-WD30。オーディオ機器の枠を超えて家財道具としての質感を追求するアプローチが共通しています。クリアできれいな感じの音質もタイプとしては似ています。ただ、迫力のような部分はあまり望めません。フルレンジの口径に比べて前後に長く、バスレフ穴も後ろということで、置く場所と聴取距離によってセッティングをいろいろ試してみる必要があると思います。


ステップアップするなら?

Victorにはオーソドックスな2ウェイのSX-WD50もありますが、私は残念ながら未聴です。ビクターのウッドコーンスピーカーは、コンポのセンターユニット部分とセット売りのことが多いんですよね。数少ない単品売りのSX-WD50は価格が倍くらいしていますが、S-300NEOからはっきりしたステップアップになるかどうかの判断は今のところ保留します(良さそうだとは思います)。

海外製に視野を広げてみれば、ZENSOR3などもいいと思います。クラシック好きなら、一足飛びになりますがMENTOR MENUET SEも推薦することができます。



上品なスピーカーなので大人におすすめ

インテリアに調和する

この外観ですから大人の部屋にはバッチリ似合います。インテリアとの兼ね合いから、サイズや外観の個性の強い機種を除外して消去法で選んだとしても、音的にもたぶん正解です。

個室やリビングはもちろん、ダイニングで使っても場違いな感じをさせず、自然に雰囲気になじんでくれます。音質がもちろん第一ですが、こんなところもまた他の製品とは替えがたいS-300NEOの価値だと思います。和室にも似合いそうですね。

スピーカー1個に限ったことではありませんが、マニアライクな感じを出していくか抑えるかで、良かれ悪しかれ、あなたがお部屋に招くお客様に与えるイメージは変わってきます。気にしないならともかく、一応そういうことも機種選びの判断材料として、頭の片隅にでも置いておくといいと思います。


女性にも薦めてみたいバイワイヤリング

そんな美しいスピーカーで、しかもバイワイヤリング接続済みだったりすると、多少オーディオに詳しい来客だったとしても、「ほほう、やるな」くらいのことは思わせることができます。

いや、お客様とか関係なく、単純に自己満足でもいいじゃないですか。せっかくですし、機械に弱いところが可愛いとか思われるのが癪だという女子もやってみようぜ。

 追記:というわけで、簡易なバイワイヤリング方法を説明した記事を書きました。


あたりまえだけど、もちろん男性が使うのにもいいんです。外装色はチェリーのほかに黒もあって、こちらはなかなか精悍です。若い男性にも、思春期や青春期にフルサイズコンポの黒い箱型スピーカーを使っていた大人世代にも、親しみと愛着を持って使えるでしょう。

しかし、他をさし措いてS-300NEOを買う男性は、想像するに、情報収集が丁寧で普段の身だしなみにも気を抜かない、有能オサレメンズなのだろうなと思いますよ。


カテゴリ「3万円-5万円」
 Amazon人気順 1位
 楽天レビュー件数 1位

・・・世にオサレ男女は多いと見ゆる。(iG)

AmazonのTEAC S-300NEOの製品ページはこちら。 黒もあります。


ペア3万円-5万円の機種の一覧ページはこちら