KEF Q300 Version Up

Q300 Version Up vbo
Q300 Version Upの音質は万能

音質レビュー

もはや全方位むけ。

Qシリーズの最新モデル。KEF持ち前のなめらかさを保ちつつ、Version Upによってキレのよさをも手に入れた。締まりのある低音に、伸びやかな高音、ほどよく精細感も、滑らかさも柔らかさも持ち合わせている、全方位むけの万能型。大柄なボディの無理のない音楽再生で、音にも余裕を感じさせます。


…と手早く紹介しておいて、もうひとつ、言っておきたいのは、その音の広がりについてなんです。このスピーカー、広がるよー。柔らかい音が広がるとね、お部屋が気持ちいいんですよぉ。部屋が気持ちよくなると気分もよくなるんですよぉ。いいこと聞いたでしょ。


ブラックオーク、ローズウッド、ヨーロピアンウォールナット、リニアホワイトの4色展開です。前3色はブラックオーク以外も前面は黒、ホワイトは前面も含めて全体が白のカラーリングです。(azu)


比較したい機種は?

音場表現と定位の良さが立体感を生み出している

あえて言うなら、ページ下で紹介している685S2がよい比較の相手になります。メーカーの傾向としては、一音一音の粒立ちをはっきりさせながらも全体としての当たりには柔らかさを感じるほうがKEF、よりシャープでクールで精細感をより強く感じるほうがB&Wだと、一応、言うことができます。

そして双方ともに、広い音場表現を実現しながら定位にも優れているというキャラクターの製品でもあります。特にKEFには以前からヴォーカルやアニソン好きの需要もありますが、凝ったつくりのアニメのサントラや声優のアルバムに向いているのも納得できます。

定位に関しては同軸な分だけ、Q300 Version Upのほうに立体感があるというか、少しだけアドバンテージを感じなくもないですが、これは同じ空間でじっくり聴き比べないと違いがわからない程度かもしれません。両方ともにハイレベルです。


方向性は使い方しだい

いま「あえて言うなら」「一応」という書き方をしたのは、Q300 Version Upがアンプやバイワイヤ、セッティングにもよく反応するタイプのスピーカーで、自分好みの方向性に寄せていく自由度も比較的高いと判断できるからです。ここを楽しまない手はありませんよ。

Q300はデジタルでも真空管でもトランジスタのアンプでも、それぞれの持ち味を殺すことなくよく鳴り、また特にバイワイヤ接続をほどこすことでも高域の存在感アップやシャープさを増すことができる懐の深さを持ったスピーカーなので、他の機種と比較するよりも、自分で手を入れて音作りをしていくのが断然おすすめというのが私の意見です。

 参考:簡易なバイワイヤリング方法の説明


もともと性格的にも一点突破主義の個性派ではなく万能型の機種なので、好みに応じて存分に、接続方法やセッティングによる音質調整に凝ってみてください。あなたの努力や楽しみに、Q300 Version Upはきっとその素性の良さで応えてくれますよ。(iG)


別色はリンク先でご確認ください。Amazonのページを別ウィンドウで開く


B&W 685S2

685S2
685S2の音質は高精細,万能

音質レビュー

気持ちがアガるキラキラサウンド

音の広がりと聞いてはB&Wが黙っちゃいません。バウアーズ&ウィルキンス、英国メーカーで高級なイメージで売り出してますが、こちらのスピーカーも伝統的に音がふわあっと広がる特長を持っています。

ただし音質はきらびやかで硬質。押し出しも強く、音で空間を支配してしまう感じですが、前世代から改善された685S2は、旧来の音と比べて耳に刺さるような成分が拭い去られていて、聴き疲れしない新世代のB&Wの音になっています。

Q300 Version Upと比べると、リラックス感ではQ300に一歩譲り、逆に曲の高揚感では685S2が上回るといった関係性になるでしょうか。それぞれ別の「気分の良さ」があるわけですね。こちらもジャンルを問わないオールマイティな対応力を誇る、完成度の高い万能型であることは間違いありません。


モダンなデザイン

スピーカーに限らずオーディオ機器は家の中でも目立つ調度です。音には関係ないことではありますが、この現代的デザインの685S2をどんなふうに馴染ませるか、そのあたりのセンスも必要。バッフル面のマットな質感が特徴的なので照明をうまく使えるといいかもしれませんね。

B&Wは傾向としてアンプを選ぶ感じはあります。marantz(マランツ)なら外すことはないでしょう。マランツとは華やかな音の傾向も共通していますね。また個人的な印象では特に低音を放射するようにも感じますので、しっかりしたスタンドも必須と思います。(azu/iG)

AmazonのB&W 685S2の製品ページはこちら。白もあります。


ペア5万円-10万円の機種の一覧ページはこちら