テレビの音を近くで聴ける手元用スピーカー

加齢などの理由によって耳が聴こえづらくなったり、テレビと離れたところで家事をしていたりして、普段見ているテレビのボリュームをつい上げすぎてしまう人も多いと思います。

そんなときは、手元のスピーカーから適切なボリュームではっきりとテレビ音声を聴ければ便利ですね。こうした問題を解決する製品が、ここで紹介する、ワイヤレスで使える手元用のスピーカーです。

こうした製品の多くには、人の声の周波数帯域を強調してニュースやドラマのせりふをはっきり聴き取りやすくする機能も搭載されています。

今回はよく売れている製品の中から、お年寄りが使う機会も多いことを考えて、なるべく操作が簡単で充電や電源の取り回しにも面倒が少ないことを条件にして絞り込みました。


アイコンは使用できる電源の種類です。

TDK LoR SP-TV24WA

TDK LoR SP-TV24WA
AC乾電池

「くっきり音声」モードでニュースやドラマの人の声が明瞭に聴こえます。

  • サイズ(幅x高さx奥行き):255x56x39mm
  • 電源:付属のACアダプターまたは単3形乾電池4本。
  • 送信機のテレビへの接続方法は、RCA(赤白)音声出力端子、またはイヤホンジャックのいずれか。
  • カラーはブラックとホワイトがあります。
  • スピーカー用ACアダプター、ワイヤレス送信機用ACアダプター、バッテリーボックス、RCA変換ケーブル
 Amazonのページはこちら


JVC SP-A850

JVC SP-A850
充電池AC別売り

「はっきり音声」で人の声が聞き取りやすい。音質の良さでユーザーに人気の機種です。

  • IPX2相当の防滴性能があるので、キッチンなど軽微な水はねがあるような環境で使えます。
  • 充電は使用しないときに台座(送信機)に置いておくだけ。
  • サイズ(幅x高さx奥行き):189x132x71mm
  • 電源:内蔵充電池のほか、別売りのACアダプターも使用可能。
  • 送信機のテレビへの接続方法は、RCA(赤白)音声出力端子、またはイヤホンジャックのいずれか。
  • カラーはブラック、ホワイトがあります。
  • 付属品:変換コード(ステレオミニジャック-RCAピンプラグ×2/0.1m)、送信機専用ACアダプター
 Amazonのページはこちら


SONY SRS-LSR100

SONY SRS-LSR100
AC充電池

リモコンと一体化しているので手元がすっきり。

  • テレビのリモコンよりボタンが少なく、日本語表示で使いやすい。
  • SONY以外のテレビにも対応しています。
  • 人の声が聴きやすい「ボイスズーム」
  • スピーカーのサイズ(幅x高さx奥行き):196x74x77mm
  • 電源:ACアダプターまたは内蔵充電地。
  • 送信機のテレビへの接続方法は、光デジタルまたはイヤホンジャックのいずれか。
  • 付属品:送信機(充電クレードル)、ACアダプター、マイクロUSBケーブル、音声ケーブル、光デジタルケーブル
 Amazonのページはこちら


Panasonic SC-MC20

Panasonic SC-MC20
AC充電池

ドラマやニュースの音声が聴き取りやすい「快聴音」機能を搭載。

  • スピーカー部のサイズ(直径x高さ):104x45mm
  • 電源:付属のACアダプターまたは内蔵充電池
  • 送信機の接続方法は、RCA(赤白)端子またはイヤホンジャックのいずれか。
  • 付属品:送信機用DCケーブル、ワイヤレススピーカー用DCケーブル、ACアダプター2個、音声接続コード、変換コード
 Amazonのページはこちら


家族でテレビを楽しむために

スイッチとノブだけのTDK LoR SP-TV24WAをはじめとして、どの機種も操作性は非常にシンプル。上から2番目のJVC SP-A850はツマミや文字表示も大きくなっており、お年寄りにもまごつくことなく操作できることが好評です。

各製品の設置について、事前に確認しておくべき点がひとつあります。それはお手持ちのテレビのRCA(いわゆる赤白)出力端子の有無です。RCA端子は比較的新しいテレビには付いていないことがあります。

送信機をテレビのイヤホン端子に接続する場合は、テレビ本体のスピーカーからは音が出なくなり、この場合ユーザー個人で使うには問題ありませんが、家族で一緒にテレビを楽しむことができません。

しかしイヤホン端子のかわりにRCA(赤白)出力端子に送信機を接続すれば、家族とユーザーが双方とも適切な音量で番組を楽しむことができるようになります。

もしお手持ちのテレビが比較的新しい機種でRCA端子がない場合には、(1)テレビ側の設定でイヤホン端子とテレビスピーカーから同時に音が出るようにできるならそのようにする、または(2)光出力端子からRCAへの変換ケーブルを用意する、等の対応が必要になります。