アンプ、スピーカー向けセレクターの定番機種

一般にオーディオセレクター、スピーカーセレクター、アンプセレクター、ラインセレクターなどと呼ばれる製品を紹介します。アンプとスピーカーなど、複数の機器の配線つなぎ替えの手間を省くために使われるものですね。切替え器とも呼ばれます。

これらのセレクターは、構造的には内部で配線を切り替えるだけの単純なもの。その性格上、余分な接点を減らしてシンプルであることが望まれるため、入力端子やINとOUTの数が異なる以外にはどれも基本的な機能に大差がありません。しかしその機能をどこまで高品位に、また便利に実現するかという性能的な部分で価格が違ってきます。

このページでは一般的なオーディオ・ホームシアター用の製品を紹介します。光デジタル接続用、テレビやゲームなどのAV用を含めた一覧はこちらからどうぞ。



LUXMAN AS-50R

LUXMAN AS-50R
  • リモコン付きで視聴位置からの操作ができるのは便利です。
  • 入力1(または3)系統、出力3(または1)系統。
  • 最大4台のAS-50Rを1台のリモコンで操作できるので、所有機器の多い人にもおすすめです。
  • 電源の必要なアクティブタイプです。
  • サイズ(幅x高さx奥行き):297x78.8x137.5mm
 Amazonのページはこちら


オーディオデザイン HAS-3S

オーディオデザイン HAS-3S
  • セイデン社のオーディオ用ロータリースイッチ(国産)を使用した高品位な作りです。
  • 入力3(1)系統、出力1(3)系統。
  • 端子間が広めで、Yラグ、バナナプラグに対応しています。
  • 真空管アンプに対応しています。
  • サイズ(幅x高さx奥行き):210x90x180mm
 Amazonのページはこちら


LUXMAN AS-5III

LUXMAN AS-5III
  • ラックスマンのベーシックグレード。バネ式の接続部が問題なければリーズナブルな選択肢です。
  • 入力4(1)系統、出力1(4)系統。
  • なぜかヘッドフォン端子が付いています。
  • 接続端子がRCAピンプラグの姉妹モデルAS-4IIIもあります。(AS-4IIIにはヘッドホン端子はありません)
  • サイズ(幅x高さx奥行き):240x65x95mm
 Amazonのページはこちら
 ピンプラグタイプのAS-4IIIのページはこちら


FOSTEX IS205

FOSTEX IS205
  • 入出力の状況がスイッチの色の変化でひと目でわかる。リモコン付きです。
  • 入力2系統、出力5系統。
  • 背面RCA入力のほか、前面にミニプラグ入力を配置。ポータブル機器などを接続できます。
  • インターバルの秒数を段階的に設定できる自動連続切り替え機能はスピーカーの音質比較に便利。
  • 電源の必要なアクティブタイプです。
  • サイズ(幅x高さx奥行き):185x40x96mm
 Amazonのページはこちら


趣味の製品は高いものは高いので・・・

今回は主にオーディオメーカーのセレクターを紹介しました。特にLUXMANの製品は広く使われていて定番といってよく、見た目もオーディオ機器の中で見劣りしたり悪目立ちしたりしません。

オーディオデザインの製品は切り替えのロータリースイッチの品質に魅力があります。ここに紹介したモデルは3万円台ですがこれでも同社の中では安価な部類。管理人も使ってみたいと思いながら(個人的には真空管アンプでも音を出したままスピーカーを切り替えられる点が魅力です)、なかなか手が出ない価格でもあります。

セレクターはこれら以外にも安価なものを含めて多数販売されていますので、用途に適したものの中から、しっかりしていて長く使えそうで、なおかつほどほどにリーズナブルな製品を選ぶのがおすすめです。

光デジタル接続用、テレビやゲームなどに適したAV用を含めたセレクターの一覧はこちら。