SANSUI SMC-570BTは音質のユーザー評価も上々

新生サンスイが世に送り出したBluetoothミニコンポ・SMC-570BTを紹介します。以前とは経営母体の違う現「SANSUI」ですが、このSMC-570BTはかつての山水の業績に対しても敬意の感じられる、真面目なつくりの製品になっています。際立ったものを持っているとはいえませんが、この製品を見る限り、単なるブランド商売ではないようです。



SANSUI SMC-570BT

SANSUI SMC-570BT
SANSUI SMC-570BT

SMC-570BTの基本機能と他機種との比較

SMC-570BTの基本機能

  • Bluetoothでスマホ等の音楽をワイヤレス再生。
  • CDの再生。
  • FMチューナー。
  • USBメモリー内の音楽ファイルの再生。
  • 付属品:ワイヤレスリモコン、スピーカーケーブル2m×2、取扱説明書・保証書

同クラスの他機種との比較

SMC-570BTは、同価格帯のコンパクトコンポの中でも個性的な機種と言えます。iPod等とのデジタル接続系の機能を省いてアナログに意識を向けた作り。RCA入力2系統やバナナプラグ対応のスピーカー接続端子などは、ひとつ上のクラスにひけをとりません。

チューナーがFMのみで、CD-R/RWの再生もサポートされていませんが、CD中心であとはスマホからBluetooth接続できればいいという音楽鑑賞のニーズに対応しています。

とは言えUSBポートは前面に2箇所あり、この点でも同クラスのほかの機種よりは使い勝手があります。



SMC-570BTの機能的な特徴・特長

1. アナログ接続の充実
本体背面にピンプラグ(RCA)入力が2系統、前面にはミニプラグ入力も備えています。スピーカー端子もバナナプラグ対応の金メッキ端子でアナログ的な部分にこだわりが見えます。

2. 余裕のある出力が生み出す高音質
最大出力50W+50Wと、ミニコンポとしてはアンプのパワーもトップクラス。しかしそれを利していたずらに一部を強調しないフラットな音作りは、ユーザーの音質評価の高さにつながっています。



外観上の特長と各部のサイズ

本体
幅x高さx奥行き:245x110x300mm

スピーカー部(1台)
幅x高さx奥行き:170x275x205mm

SMC-570BTのデザインは単体アンプやプレーヤーを意識したもので、シャンパンゴールドのアルミパネルに3連の大型ノブ、スピーカーを含めてサイドウッドをあしらうなど、コンパクトながら高級感の感じられるものになっています。

サイズはミニコンポとしては大きめで、とくに本体部の奥行きは300mmと長くなっています。スピーカーの高さもあるので、それなりのラックやスタンドにセッティングするのもいいでしょう。



総評・SMC-570BTの魅力

新生SANSUIブランドから出たミニコンポ、SMC-570BTの概要を紹介しました。最新のミニコンポの趨勢とは違い、シャンパンゴールドの前面パネル、またサイドウッドや3つ並んだノブの配置など、コンパクトながら高級志向であり、単体オーディオを思わせるような存在感があります。

これまでは単体オーディオを使っていて、やはりミニコンポにもアナログ入力が、それもRCAの端子が複数欲しいという人にうってつけの機種がSMC-570BTです。USBメモリーに保存したMP3ファイルも2系統あるUSB端子から、スマートフォンなどの音源もBluetoothで再生可能です。

入力端子は背面にRCAが2つ、前面にステレオミニが1つ。出力は前面に3.5mmミニプラグのヘッドホン端子が1つあります。

現在のブランドは株式会社ドウシシャが保持していて、かつて存在したSANSUIと経営的には同一ではありませんが、このSMC-570BTはユーザーの期待によく応えて音質評価がかなり高いところを見ても、奇をてらわない、至って真面目な製品作りがうかがえます。

カタログの製品仕様にはないものの、ユーザーによればタイマー再生やスリープタイマー等にも対応し、CDやUSBのランダム再生、プログラム再生など日常的に使用する上での基本を押さえた製品になっています。現在は発売当初の価格も落ち着いて、値ごろ感が出てきています。

 Amazonのページはこちら
 15000円-25000円のミニコンポ現行全製品の一覧


ミニコンポのカテゴリページはこちらです。