スカイプやオンライン英会話に必要なものとおすすめのヘッドセットを紹介します

スカイプ用ヘッドセットに求められることは、なにより相手と快適にクリアな音質で、なおかつ安定して通話できること。

そのために、

  • 設計品質が良く、音声に乗るノイズ等が少ない
  • マイクと口の位置関係を調節して安定させることができる
  • マイクの指向性が高く、周囲の環境音を入れにくい
  • ヘッドホンの音がマイクに漏れず、ハウリングを起こさない
  • 軽い
このような条件を総合的にクリアできていることが必要になります。

この記事では、まず前半でスカイプに必要なものヘッドセットのメリット・デメリットの解説を、そして後半では、スカイプやオンライン英会話などに適したヘッドセットのおすすめ製品を紹介していきます。


スカイプを始めるために必要なもの

そもそもスカイプやオンライン英会話を始めるためには、PC(またはスマホ、タブレット)とネット回線のほかに、どんなものがあればいいのでしょうか?

PCやスマホ、タブレットをすでに持っている方がスカイプを始めるために、新たに必要な道具は、ネット回線のほかに3つあります。

 1.自分の声を相手に伝えるためのPCマイク
 2.相手の声を聞くためのスピーカー
 3.動画を撮影するためのウェブカメラ

この3つを揃えればよいのですが、もう少し簡単な構成からでも始めることができます。


PCでスカイプをする場合

上記の12の、PCマイクスピーカーが一体になったものが、この記事で紹介するヘッドセットです。要はマイク付きのヘッドホンのことですね。

3のウェブカメラは、PCのモニタについていればそれを使えますし、単体でも売っています。音声のみの通話をしたい場合には、なくてもかまいません。

単体ウェブカメラには製品によってはマイクが内蔵されているものもあり、その場合はヘッドホンやイヤホンだけでもスカイプを始めることができます。

ただカメラ内蔵マイクは、単体のマイクやヘッドセットのマイクよりは、相手に聴こえる音声の質は一般的に劣ります。

具体的に言うと、ダイビングの水中映像の中継のような「もわん」としたこもり音が声に加わることがあります。


映像でも音声でも、自分の機器の性能が相手に、相手側の機器の性能がこちらに伝わるのがスカイプですので、相手に聴こえる音質にも最上を期すのであれば、単体マイクやこのページで紹介するヘッドセットを使ってあげることが、スカイプの会話では最適になります。


スマホやタブレットでスカイプしたい場合

スマホはもともと電話なので、マイクとスピーカーは付いていますね。もちろんカメラも内蔵ですから、スカイプのために追加して必要なものは特にありません。

もしタブレットにマイクがない場合は、マイク入力端子があるはずですので、そこにマイクを接続すれば使えます。


↓の動画はスカイプの公式動画です。動画内では手持ちでスマホを掲げて会話しています。スマホ単体だけでも動画付き通話ができることがわかりますね。

終わりのほうで右上に出てくる女性はヘッドセット(またはヘッドホン)をしています。


もちろん追加してマイク付きイヤホンやワイヤレスヘッドセットなどがあれば、より便利に使えます。このへんは通常のハンズフリーで電話するのと同じです。イヤホンをして歩きながら喋っている人がたまにいますよね。見慣れないうちはギョッとしてしまいますが、スカイプでも本当にシンプルな道具だけでネットの向こうの人と会話ができるのです。



スカイプでヘッドセットを使う場合のメリットとデメリット

相手に聴こえる声がはっきり伝わる

マイク+スピーカーの組み合わせでなくヘッドセットを使うメリットは、構成が簡単で済むことのほかに、比較的小声でも相手にはっきり伝わるので夜間の配信でも迷惑にならず、長時間の通話でも疲れないことがあります。

また周囲に雑音が多い場合にも、スタンドマイクよりはヘッドセットのマイクを使ったほうが、口元に近い分だけ環境音を拾わずに会話がクリアになります。また英会話のレッスンでも、発音がはっきりと伝わります。


ヘッドセットを使えばハウリングが起こりにくい

しかしヘッドセットを使うことの最大のメリットと言えるのは、マイク+スピーカーを使用するよりも構造的にハウリングが起きづらく、通話音声の質が安定することです。

(ハウリングとは音が時間差で二重になって聞こえたり、キーンという音が発生してしまう現象で、マイクとスピーカーが干渉することによって起こります。)


会話の相手を困らせないためのヘッドセット

ヘッドセットの利用は、自分よりもむしろ相手方の通話品質の向上をもたらします。

たとえば、あなたがヘッドセットではなくスタンドマイクとPCスピーカーを使って会話しているとしましょう。

その場合には、相手には「自分が喋っている声」と「あなたのスピーカーから出たあとにマイクに入って戻ってきた自分の声」が時間差でズレて聴こえてしまう可能性があります。

このとき、あなたの側ではそのズレはまだ発生していないので、あなたにはハウリングが起こっていることはわかりません。

つまり自分の側でスピーカーからの声がマイクに再び入らない環境を整えることが、相手の通話環境をよくすることにつながるわけです。

ヘッドセットはスピーカー(ヘッドホン)の音とマイクが同じ空間にないので、ハウリングが比較的起こりにくい、という特長を持っているのです。


※ハウリングはスピーカーやマイクの指向性(一定の方向に音を出したり、一定の方向からの音を重点的に拾う性質)が高いものを選ぶことでも回避したり軽減することができます。


ヘッドセットのデメリット

ヘッドセットには、装着感が合わないときつい、重い、髪型が崩れるなどのデメリットがあります。その場合イヤホンタイプやネックバンドタイプのヘッドセットを選ぶこともできます。

一口にヘッドセットといっても接続方式や形状で種類がいくつかあります。ではここからは2017年時点の人気製品を一つずつ具体的に紹介しながら、それぞれの特徴を見ていきましょう。


まずはもっとも簡単にPCに接続できるUSB接続方式のヘッドセットです。スカイプも英会話も、PCでオンラインの会話をしたい場合にはこの種のものが音質もいいのでおすすめです。

サンワサプライ USBヘッドセット MM-HSUSB16W

サンワサプライ USBヘッドセット/ヘッドホン ホワイト MM-HSUSB16W

特長

PCにUSB接続するだけで使えます。
スカイプやメッセンジャーなどに対応。
音量の上下とミュートができるリモコンがケーブルの途中についています。
色のバリエーションはホワイトとシルバー。
主なユーザーレビューは以下の通りです。

よい点
  • 必要十分。
  • つなげれば簡単にPCにセットアップしてくれます。 非常に簡単、シンプルでよかったです。
  • SKYPEでの使用が主で、ヘッドフォン、マイクとも十分な音質です。
  • マイクにスポンジがついているので鼻息も入りません。
気になる点
  • リモコンのミュートの ON.OFFを弄るとskypeの相手にプツプツとノイズが入るそうです。
  • 耳のクッションが硬いので、すぐ耳が痛くなります。
 Amazonのページはこちら↓

USB接続のものは商品数も多いので、評価の高い製品はほかにもあります。リンク先などから検索してご覧ください。



USBでもステレオミニプラグでも接続できる製品がこちら。
PCにヘッドホン用端子とマイク端子が両方ある場合には、不足しがちなUSB端子を使わずに、そちらを使うこともできます。
しかし音質は一般的に言ってUSBのほうが良いです。

サンワサプライ USB/ステレオミニプラグ両用ヘッドセット MMZ-HSUSB14GY

サンワサプライ USB/ステレオミニプラグ両用 ヘッドセット/ヘッドホン グレー MMZ-HSUSB14GY

特長

耳を包み込むタイプのイヤーパッドが特長。
サイズはやや小さめで、女性からの評価がとくに高い製品になっています。
ノイズキャンセルマイクを採用しています。
付属の変換アダプタを経由することでUSBでもミニプラグでも接続できるので、スカイプとゲームなどで共有することもできます。
ミュートとボリュームがケーブルの途中についています。
画像のグレーのほかにピンクもあります。

よい点
  • 以前買ったマイクにはノイズが乗っていましたがこの商品はまったくノイズが入らなくクリアでした。
  • 女性にお勧めしたいです。
  • 以前別なヘッドセットを購入し、サイズが大きすぎて失敗しましたが、こちらの商品は調整して丁度よくなるほど小さめに作られています。
  • 買って大成功! ずれ落ちが無く、音声も鮮明。 重宝しています。
  • いままで私が使ってきたヘッドセットはぶかぶかだったり、きつきつだったりでしたが、このヘッドセットはぴったりフィットしました!
気になる点
  • よくできてますがすこしちいさいかな
  • メガネをしている私は耳の付け根がメガネのツルとヘッドホンの板挟みで小一時間利用するとちょっと痛いです。
 Amazonのページはこちら


ワイヤレスで使える製品の人気機種がこちらです。

LOGICOOL ワイヤレスヘッドセット H600

LOGICOOL ワイヤレスヘッドセット H600

特長

付属のUSBレシーバーをPCのUSBポートに挿すだけでワイヤレス通信が可能になります。
充電式で持続時間は6時間。
マイクは右出し。ノイズキャンセリングマイク採用です。
右耳部分のリングやスイッチ操作で音量の上下とミュートが可能です。
イヤーパッド部を内側に折りたたんで収納することができます。

よい点
  • 音質はなかなか。下手な安物有線よりは余程よい音がします。
  • 使用しながら充電もでき、また使用中に充電開始しても途切れず、1.2mのケーブルも付いているので室内使用なら困ることはないかと。
  • この値段でワイヤレスヘッドセットが買えるのは申し分ないです。
  • USBレシーバを使わずに携帯(XPERIA Z5)とBluetoothで接続できました。(中略)音質はかなり落ちますが、しっかり使えています。
気になる点
  • FPSゲームでも使用しますが、ゲーム用のヘッドセットではありませんので前後左右といった、大まかな方向しか足音の方向が分からない事も多々ある。
  • 説明書の不親切さ。
 Amazonのページはこちら


髪型が崩れるのが嫌なら、次のような片耳装着タイプのものもあります。動きのある作業をしながら会話する必要がある場合におすすめです。

Jabra BOOST ワイヤレスBluetoothヘッドセット

Jabra BOOST ブラック ワイヤレス Bluetooth イヤホン ヘッドセット (モノラル) 【日本正規代理店品】

特長

片耳に装着するイヤホンとマイクを兼ねた製品です。当然モノラルですが音質の良さが評判。
基本的にはスマホ用として便利な製品ですが、PCでも使えます。
イヤーフック2種とイヤージェル3種(いずれも耳に装着するためのパーツ)が付属。付け替えることでどちら側の耳にも対応します。
バッテリーは最大9時間の連続通話が可能。
カラーバリエーションはブラック、ホワイトゴールド、ホワイトシルバーの3色。

よい点
  • ほぼ、ノイズレスで直に話しているのと変わらない印象です。
  • スイッチオンですぐに接続されます。これが便利です。そして相手からも今まで一度も違和感があるとかクレームがありません。買ってよかったです。
  • タブレットPCでラジオを聴いたりskypeで通話する用に購入しました。Windows10ですが、BlueToothの接続はすんなり出来ました。
  • この商品は中にスポっと入れるだけで装着完了。しかもずれない。
気になる点
  • 欠点は慣れるまで独特の形のせいでちょっと耳が痛くなることがあります。
  • デカいという印象はありませんが本体の厚みは少々あります。
 Amazonのページはこちら

PCにBluetooth機能がない場合は、このようなレシーバー単体で売っているものをUSBに挿してペアリングすれば使うことができます。

FunTech  USB Bluetoothアダプタ Bluetooth 4.0 USBアダプタ ブルートゥースアダプタ