真空管とあわせてみたい大人のブックシェルフスピーカー。

AUTOGRAPH MINI
AUTOGRAPH MINIの音質は艶あり,中高音キレイ

音質レビュー

扁平ヘキサゴン。

大型の家具のような往年の名スピーカー、「タンノイ・オートグラフ」を、コーヒーテーブルの上にも載るほどのブックシェルフサイズにしたのが、このAUTOGRAPH MINIです。


MINIを上からみた形状は、三角形の角を少し切り落としたような、扁平な6角形をしています。奥行きはわずか13cm。MINIはこの奥行きの薄いサイズからは想像できない、おおらかで芳醇な音楽性で聴く人を魅了します。


それはPRESTIGEシリーズに共通する、「同軸」というウーファーの中心にツイーターを据え付ける方法で、両方の音がぶつからない(けんかをしない)ようにうまく設計されているから。

タンノイトーンといわれる艶やかで繊細な管弦楽の表現はもちろん*当然*なんですが、華やいだヴォーカルも二重丸ですよ。中高音が断然素晴らしいのですが、大げさでない質のよい低音もきちんと出てきます。


無造作に置いてみたい。

そしてなにより見た目に雰囲気があります。「オートグラフ」と似ているといっても、それはグリルネットをつけているときの話。それを外してしまえば、オリジナルとも雰囲気の異なる工芸品のような、品のよさと愛嬌を同時に感じさせる美しいグリルが現れます。


そんな見た目にも魅力的なスピーカーなので、無垢の木枠つきのネットは取り外しておくのももちろんいいのですが、音楽を聴く時にだけこれを外して、聴き終わると元のとおりに「すとん、ぱちん」とはめ込むそのひと手間もまた、持つ人の心をくすぐります。


銘器をミニチュアにしてみたら、たんなる音楽鑑賞機器を越える存在感が現れました。これはまったく「大人の持ち物」ですねぇ。ちょっとカジュアル寄りなリビングで、このスピーカーが小さめの真空管アンプにつながっていたら、ほんとうに素敵です。(azu)

この価格帯において、Amazon人気順 3位です。


比較したい機種は?

タンノイ好きは迷わないだろう

AUTOGRAPH MINIと比較したいスピーカー、ありますか? 私は考えてみても思いつきません(^^; 似ているスピーカーが他にありませんから。

それだけ他とは違う存在感を持っているのがこのMINIです。あえて悩むならノーマルカラーとマホガニーとどちらにするかくらいでしょう。(ちなみに私はノーマルのほうが好みです。)

予算が潤沢であれば、価格は倍以上になりますがSTIRLINGにするという手もありますね。タンノイが初めてなら、むしろそちらから入門するのもいいかもしれません。


こんな人におすすめ

AUTOGRAPH MINIは「手持ちのものと比べて音がどう変わるか」というよりも、「このMINIを手に入れることで、自分の生活のクオリティはどんなふうに変わるのか」をイメージすることで選択肢に上がってくる製品だと思います。音質より、生活の質に結果的に関わってくるようなスピーカー。

すでにタンノイのプレステージを愛聴していて、もう二度と離れられない人。MINIが置かれた自分の部屋のようすを目に見えるようにありありとイメージできる人。そして英国調の優雅な質感を生活の中に取り入れてみたい人、そんな人におすすめです。(iG)

AmazonのTANNOY AUTOGRAPH MINIの製品ページはこちら。


ペア10万円以上のブックシェルフ型スピーカーの一覧ページはこちら