やっぱりCDも聴けたほうがいい! 多士済々のネットワーク機能(Wi-Fi)付きデジタルオーディオプレーヤー

家庭内ネットワークを利用してデジタルフォーマットの音楽を自由に気軽に再生できる、CDドライブ付きネットワークオーディオプレーヤーの一覧ページです。

ネットワークレシーバーとも呼ばれ、CD、チューナー、デジタル音源を自在に操れるこれらの製品の特徴を、違いがよくわかるように紹介します。

必要な機能が付いているかどうかがひと目でわかるように、基本的な機能をアイコンにして並べました。

機種ごとの長所や短所は、リンクした個別のページでさらに詳しく解説しています。

最終更新日:2015年11月3日

※発売の新しいほうから順に並んでいます。




marantz M-CR611

marantz M-CR611
marantz M-CR611

ついに待望のBluetoothが載り、鬼に金棒の完成度に。
バイアンプ可能な個性はそのままに、アンプ新設計でさらなる高音質を追求しています。

  • Bluetooth以外にも緻密なブラッシュアップが感じられます。
  • 単体オーディオの領域に踏み込む高音質化です。
  • アンプ回りは新設計でハイグレードパーツも採用。
  • 今回からハイレゾDSDにも対応しました。
  • 2015年8月発売
 詳細な解説ページはこちら


DENON RCD-N9

RCD-N9
RCD-N9機能

  • シンプルでスマートなデザインが魅力
  • AirPlay、Bluetoothの両方に対応
  • 液晶画面が日本語対応の3行表示で見やすい
  • カラーは白のほかに黒もあります
  • 2014年11月下旬発売
 詳細な解説ページはこちら


Pioneer XC-HM82

Pioneer XC-HM82の外観
Pioneer XC-HM82の機能アイコン

離れた場所からでも見やすい大きな画面で、日本語の曲名もらくらく表示。
家族で使える扱いやすさを重視するならこれ。

  • アルバムジャケットも表示できる大きな液晶が見やすい
  • オーディオビギナーやガラケー派にも使いやすい
  • AirPlay、Bluetoothの両方に対応
  • 2014年10月発売
 詳細な解説ページはこちら


ONKYO CR-N765

ONKYO CR-N765の外観
ONKYO CR-N765の機能アイコン

ハイレゾのスペックにこだわる人には、DSD5.6MHzにも対応しているこの機種を。
ネットワーク対応型としては省スペースで、ミニコンポからの買い替えでも大丈夫。

  • ヘッドフォン派にとって有力な選択肢
  • ハイレゾDSDは5.6MHzにも対応
  • ネットワークの無線化はオプション対応
  • 2014年10月発売
 詳細な解説ページはこちら


SONY MAP-S1

SONY MAP-S1の外観
SONY MAP-S1の機能アイコン

手持ちの音源が全部高音質になる! DSEE HXはハイレゾ再生以上の魅力。
ウォークマン派以外にも不満なし、なにからなにまで揃った多機能マシン。

  • CDなどの既存の音源も、アップスケーリングしてさらに高音質で再生してくれる
  • 機能的にもっともパーフェクトに近い「全部入り」
  • ネットラジオはアプリからの対応
  • 2014年4月発売
 詳細な解説ページはこちら


marantz M-CR610

marantz M-CR610の外観
marantz M-CR610の機能アイコン

人気の機種が着実な進化でさらに使いやすくなった。AirPlayにも対応。
バイアンプ駆動でピュアオーディオ的楽しみまで追求できる。

  • 機能的によくまとまった人気機種
  • アンプを2系統搭載して、4スピーカー接続やバイアンプも可能
  • 液晶画面が日本語対応の3行表示で見やすい
  • 2013年8月発売
 詳細な解説ページはこちら