使いやすさがすっきりまとまっているRCD-N9

ホワイトボディが選べるのが魅力のDENON RCD-N9の機能をわかりやすく整理しています。ついでにおすすめのスピーカーも紹介。

この機種のいいところや悪いところ、比較するとしたらどのネットワークプレーヤーを検討したらいいのかについても考えます。

RCD-N9

RCD-N9でどんなことができる? まずは基本的な機能から

RCD-N9では以下のことが可能です。
  • CDの再生
  • FM/AMラジオ
  • パソコン内やNAS(ネットワーク対応のHDD)に保存されているファイルの再生
  • インターネットラジオ
  • iPod/iPhoneを接続して再生
  • USBメモリー内の音声ファイルを再生
  • BluetoothとAirPlayでPCやスマートフォンなどから音源をワイヤレスで再生
  • リモコンアプリでスマホ等から本体を操作
RCD-N9機能

解説

RCD-N9は、CDドライブ付きネットワークプレーヤーの中ではとりわけ尖った部分も欠点もない、他社製品も含めた中で平均的と言える機種です。

スマートフォンやタブレット、PC内のデジタル音源を気軽に再生して楽しめるネットワークオーディオの入門機としておすすめです。音楽とネットラジオを中心に楽しみたい人にとって過不足のない、万人向けの、機能的によくまとまったプレーヤーです。

1.CD
通常のCDのほか、CD-R/CD-RWに記録されたWMAとMP3の再生に対応しています。

2.ラジオ
AM/FMチューナーでラジオを聴くことができます。

3.音楽ファイルのネットワーク再生
FLAC、WAV、AIFF、Apple Losslessファイルについてはギャップレス再生にも対応しています。

4.インターネットラジオ

5.USB端子
USB端子にUSBメモリーやiPod/iPhoneなどを接続して音楽(音声)ファイルを再生することができます。また接続されたiPod/iPhone等は自動的に充電されます。

6. Bluetooth、AirPlay
BluetoothとAirPlayでスマートフォンやタブレット、PC内に保存されている音楽ファイルのワイヤレス再生を楽しめます。BluetoothはNFCに対応していてペアリングもワンタッチ。従来のSBCに加えて高音質のACCにも対応しているので、音質面でも最新型といえます。

7. リモコンアプリ
リモコンアプリDenon Remote Appで、アンドロイドやiOSのスマートフォン、スマートデバイスから本体を操作することができます。


RCD-N9のここがうれしい

1. 色の選択肢で「白」が選べること。シルバー系よりももっと印象が軽く、インテリアの邪魔をしません。

2. 接続端子類がひととおり揃っていること。アナログ、デジタル、サブウーファーなど周辺機器との接続にも配慮されています。

3. 3行表示の液晶は日本語表示にも対応しています。

RCD-N9黒
ボディカラーは黒もあります

RCD-N9のここは残念

1. USBへの録音ができないこと。

CDの録音はPCでもできますが、ラジオの録音がRCD-N9単体でできるともっとよかったと思います。売れ筋単体ネットワークプレーヤーの中ではSONYのMAP-S1が録音に対応しています。



サイズ

本体のサイズは以下のとおりです。

  • 高さ  102mm
  • 幅   280mm
  • 奥行き 305mm

ネットワークプレーヤーとして標準的なサイズです。質量は3.2kg。marantz M-CR610と同様に背面のパネルが内側にオフセットされていて、ケーブル類を接続した時に見た目がすっきりするようになっているのが美点のひとつです。

RCD-N9背面


RCD-N9におすすめのスピーカーは?

当ブログ内には数多くのスピーカー紹介記事があります。まずは以下の価格帯あたりから選んでみてください。

これらのスピーカーの中で幅広く人気があり、管理人からも多くの人におすすめできるのは、DALI ZENSOR 1TEAC S-300NEOです。

RCD-N9の性格から、カジュアルな使い方を想定してこの2機種のスピーカーを選んでみました。音質はリンク先の記事に詳しく書いてありますが、簡単にいうとZENSOR1はふわっとした軽やかな雰囲気とシャープさを兼ね備えていて、S-300NEOはなめらかで美しい感じの音の出しかたが特徴です。低音の迫力はどちらも控えめなスピーカーです。



総評

突出した点も欠点もない手堅い平均点機種

RCD-N9はこうして見てきたように、AIFFなどのハイレゾフォーマットに対応するようにブラッシュアップされてきた、標準的なネットワークプレーヤーと言える機種です。

スタイルのよく似ているmarantz M-CR610のようなバイアンプ機能だとか、Pioneer XC-HM82のようなアルバムアート表示などには対応していないものの、機能的にはオミットされた部分がなく、接続の簡単なネットワーク機能とAirPlay/Bluetooth両方への対応を見ても、多くの人にとって使いやすくまとまった手堅い機種といえます。

白い外見だけで選んでも、CDやラジオをUSBメモリに録音できないこと以外にはさしてウィークポイントもないので、手頃なネットワークプレーヤーとしておすすめできます。またデジタルアンプの音質に関しては、スペックやユーザーレビューを見る限り、一般的な使用で要求したい水準はクリアできていると私は見ています。


比較するならどの機種か

まずはmarantz M-CR610。系列会社の製品だけあって造りもよく似ています。RCD-N9よりも機能にこだわったユーザー向けの機種ですが、今は値段もこなれて3万円台後半まで落ちてきています。でもBluetoothに対応していないのは残念。


ONKYO CR-N765。DSDなどハイレゾフォーマットへの対応とヘッドフォンの音質が魅力です。こちらも4万円を切ってきました。ただしAirPlayには対応しておらず、ネットワーク接続もオプション製品が必須になります。


録音もできたほうがいいのならSONY MAP-S1があります。非ハイレゾ音源をアップスケーリングして高音質で聴かせるなど、機能も盛りだくさん。ただその多機能に対して付属のリモコンがちょっとシンプルすぎるので、スマートフォンやタブレットをお持ちの方におすすめします。


DENON RCD-N9の魅力はなんといってもデザインを含めたシンプルさだと思います。リビングにも置けるスマートなデザインに必要な機能が過不足なく盛り込まれた、お手頃なネットワークプレーヤーがRCD-N9です。

BluetoothとAirPlayに対応していること、Wi-Fi接続が簡単になっていること、大きな日本語表示ができること、また他にはあまりない白いボディも含め、ライトユーザーにも初心者にもおすすめできるすっきりとしたまとまりのいい製品になっています。


公式サイト。詳細なスペックシートはこちらでどうぞ。

Amazonのページはこちら。記事作成時点で2人によるレビューがあります。