ワイヤレスイヤホンのAirPodsが発売されましたが…

ワイヤレスイヤホンって、機能性や音質や見た目以外にも、気になるところがありませんか?

新しいiPhone7からイヤホンジャックが消え、EarPods以外で従来のコード付きイヤホンを使おうとすると、付属のアダプタを経由しなければならなくなりました。

見た目にもかなりすっきりしない感じですので、今回同時に発売されたワイヤレスイヤホンAirPodsに興味津々の人も多いでしょう。私もその一人です。

ただし、少しだけ不安な点もあります。それは、音は途切れたりしないか? 音質は満足できるものか? そして、簡単に失くなって余計な出費の原因にならないか? ということです。

たとえ、路上で耳からエアポッドを落としてしまって紛失、という事態が起こらなくても、AirPodsを別の上着のポケットに入れたまま外出してしまうようなことは頻繁に起こることが予想できます。まあこれは私がそそっかしいだけかもしれませんが。


そんなワイヤレスイヤホンをAirPods以外にもいくつか集めて、実際の街中での使い勝手を調査したという記事を最近読みましたのでシェアしようと思います。

結論が最初から出ているような構成の記事なのですが、最終的には意外なイヤホンがおすすめされているので是非ご一読ください。


試したワイヤレスイヤホンはエアポッドを含め7種類

AirPods_
画像はAirPodsの公式サイト

詳しくは以下の記事を読んでいただくとして、調査のあらましを記しておきましょう。

AirPodsの評価は? ワイヤレスイヤホン聴き比べ WSJ記者レビュー
  • 調査した人:GEOFFREY A. FOWLER(ジェフリー・ファウラー)さん。ウォールストリートジャーナル紙記者。
  • 使用した音源:映画「ラ・ラ・ランド」のサウンドトラック
  • 場所:電車内や街中
  • その他:同僚4人にも装着してもらった

調査対象機種は以下の7機種(その他にも多数使ってみたようです)。価格帯は150ドル~250ドルの間となっています。

  • Apple AirPods
  • Jabra Elite Sport
  • Samsung IconX
  • Alpha Skybud
  • Motorola VerveOnes
  • Bragi The Headphone
  • Earin Earin M-1

このうちBragiのThe Headphone以外の6つのワイヤレスイヤホンは、日本のAmazonでも扱いがありました。ただし並行輸入扱いのイヤホンには元の価格よりかなり高額になっているものもあります。

Bragiのイヤホンでは、日本でもユーザーの多いTHE DASHが見つかりました。レビューでも27人中20人が4つ星以上となかなかの高評価です。悪い評価はBluetoothがうまくつながらなかった、というものが多いですね。



記事は基本的にAirPods推し、だが意外なお勧めは…

記者のファウラーさんは耳たぶから綿棒がぶら下がっているように見える(resemble Q-tips dangling from my lobes)などと面白いことも言いつつ、基本的にはAppleのAirPodを最も評価しています。

Q-tipsはアメリカの綿棒の商標名。
Q-tips


元記事のタイトルもこのように煽り気味です。

Uglyだけど一番良かったのはエアポッドだったよという記事ですね。

注)日本版の記事中では(各製品の長所と欠点をまとめた写真を参照のこと)と書かれているのに、その画像がありません。

上記の元記事に飛べば当該の写真と各機種のLikesDislikesを1行ずつにまとめたキャプションを読むことができます。


最後におすすめされているのはタオトロニクスとあのNCイヤホン

記事の終わりには、左右の耳がケーブルでつながっているタイプのTaoTronicsのワイヤレスイヤホンもレコメンドされています。紛失の心配が少ないのと、上記機種と比べてかなり安価な点がおすすめポイント。

英語版記事のコメント欄でも、タオトロニクスを高く評価しているユーザーのコメントが読めます。また記事中のTT-BH06ではありませんが日本のAmazonにはTT-BH07がありました。さすがに人気のようで発売1年ちょっとでレビュー数が1200を超えています。

TT-BH07

ノイズキャンセリングの効果で音が素晴らしく、通勤に最適という評価で最後の最後に名前が挙がっているのが、当ブログでも以前紹介したことのあるBoseのQuietControl 30

QuietControl 30

このBoseのQCシリーズはノイズキャンセリング(NC)の定番商品で、イヤホン、ヘッドホン(QuietComfort)ともに騒音打消し効果で頭一つ抜けているシリーズなので、機能を最優先する人には一度お試しになることをおすすめします。