PS4のFPS向きゲーミングヘッドセットを作品名とともにまとめました

PS4のコントローラーに接続して、VC(ボイスチャット)を含むゲームをプレイできるゲーミングヘッドセットの人気モデルを紹介します。

現時点で、性能でいえばAstro Gaming A40 TR、コスパ込みで考えればKINGTOP K11と、おおよその結論めいたものは出ていますが、重視するポイントによっては、そのほかにも対抗馬となりうる製品があります。

Amazonなどのユーザーレビューでは、主にCoDやBFに代表されるFPSを念頭に書かれたレビューがほとんどとなっていて、その判断材料としては、主にヘッドホン部分のできに依存する探索性能と、マイク部分に依存するVCの快適さが2つの大きな評価軸となっています。

もちろんそれ以外のゲームで使用しているユーザーもいますので、まずは売れ筋上位のヘッドセットごとに要点とレビューをまとめ、レビュー内で言及されたゲームの作品名も追記しました。

※SONY純正のワイヤレスサラウンドヘッドセットも、発売時の記事で紹介しています。



まずは高価格帯の2機種からいきましょう。FPS全般に対応力の高いA40 TR + MIXAMP Pro TRへのユーザー評価がとくに高く、ある程度予算があるのならほぼその一択と言っていいような状況です。

チートとまで評される基本性能の高さに加えて、作品別に用意されたプリセット以上にPCで設定を追い込むことができるポテンシャルがその魅力。

続いて紹介するゼンハイザーのヘッドセットをこれのアンプ部(MIXAMP Pro TR)に接続して使っている方もいますね。

Astro Gaming A40 TR + MIXAMP Pro TR

PS4対応ゲーミングヘッドセット

Astro Gaming A40 TR + MIXAMP Pro TRの要点まとめ

  • ほかのヘッドセットでは絶対にわからないような敵の動き、距離感、気配までもわかってしまう探索性能が最大の強み。
  • PCでイコライザ設定を追い込めば、さらにそのゲームに最適化することが可能。
  • ヘッドホン部は開放型だが、MODKITで密閉型にすることもできる。その際には没入感は高まるが、音がこもるという指摘もある。
  • 突出していた価格も登場時よりはだいぶ下がり、心情的にも買いやすくなっている。

ユーザーによる印象的なレビューなど

  • これは完全にチートでは?と思っちゃう程、使ってる使ってないでは雲泥の差です。
  • A40trはCall of Duty : Black Ops 3 の公認ヘッドセットなだけあり、PS4でもその性能を完全に発揮できる。いろいろとヘッドセットを買い換えてきた自分の主観になるが、PS4での使用をメインに考えているユーザーはこのA40trを買えば間違いないと思う。
  • 今までHORI製&Kingston製のを使ってましたが、A40を買って良かったと思いました。
    クリアな音が聞こえてFPSをやる際にも敵の足音等しっかり聞こえます。
    MIXAMPの存在はかなり大きく、あるのと無いのではかなり差が出ます。
  • 他の方のレビューにもありますが定位と足音に関してワンランク上だと実感しました。
    PC350SEでは聞こえなかった距離でも音を拾います。何と申し上げたら良いか…
    音に立体感があり、特に走って近づいてくる敵は距離感が明確にわかります。
    FPSが好きな方なら購入して損はしないと思います。
  • ★5は当たり前ですね。ワイヤレスより有線の方が好きでしたのでこの商品を購入しました。
  • 手元で音量を微調整可能なダイヤルがあったりモードやサラウンド有無を変更できる点も良い。
  • 特にR6での音の聞こえ方は相手に申し訳ないくらいです笑
    静かにしていればしゃがみ歩きの音もどこから来てるかがわかります!
    しゃがみながらゆっくり階段を降りてきてるのがわかるので、申し訳ない!、と思いながらHSしに行きました。
  • 半端ない聞こえっぷりに驚愕しております。いままで買わなかったことにすごく後悔...
  • マジで裏どりされて死ぬ心配がないくらい足音が聞こえます
    他のゲームをしている人も音質が良いのでオススメです

ここで、レビュー内で肯定的な言及のあったゲーム作品名を記載しておきましょう(実際レビューを全部読んでも、FPSとのマッチングには肯定的な言及しかないです。この点でも頭ひとつ以上抜けてる感があります)

  • BF1(バトルフィールド1)
  • CoD:BO3(コール オブ デューティ ブラックオプス3)
  • BF4(バトルフィールド4)
  • R6S(レインボーシックス シージ)
公式プレイ動画 バトルフィールド1

 Amazonのページはこちら


性能でリードするA40 TRに対し、とにかく疲れないことを重視するなら。かけ心地のいいゼンハイザーのヘッドセットもおすすめ。

ゼンハイザー GAME ONE

PS4対応ゲーミングヘッドセット2

ゼンハイザー GAME ONEの要点まとめ

  • 大きなイヤーパッドとクッション付きヘッドバンドで快適にプレイできる。
  • 高音よりの高解像度な音質。オーディオ用ヘッドホンよりははっきりとゲーム向けとの評価が多い。
  • 同社のPC360PC310から買い替えの人が多い。
  • 他社製品ながら、上記のMIXAMP Pro TRと組み合わせて使ってる人もいる。
  • PC用とMac/iPhone/PS4/Xbox One用のケーブルが付属する。

GAME ONEはオープン(開放)型のヘッドホンなので音漏れは避けられません。しかしゲーム内での音の方向や距離感を自然に把握できる点では、そのオープン型が有利になります。

なので定位を追求するならこのオープン型(GAME ONE)、音漏れが気になる環境なら下記のクローズ型(GAME ZERO)というふうに選んでもいいでしょう。

※周囲の騒々しい音のVCへの影響に関しては、ノイズキャンセリングマイクの性能比較音声が公式で聴けます。

色は写真のブラックのほかにホワイトが、また密閉型のGAME ZEROにもブラックホワイトのバリエーションがあります。


ユーザーによる印象的なレビュー

  • 音質はゲーム用の音に感じます。
    音楽を聴くと、同価格帯のヘッドホン(マイクなし)と比べると、音は良いのですが、迫力に欠けます。
  • ゲーミングに使うなら文句なしです
  • ヘッドホン本体に重さがありますが、
    掛け心地がよいので肩などに負担に感じず、長くかけていられます。
  • 音、マイクともに最高です。
    音は聞き疲れがしない長時間使用しても全く疲れません。
    マイクはとてもクリアで通話には十分です。
  • マイクに関してはPC360の方より本品の方が他のプレイヤーの言によるとクリアに聞こえているようです
  • ちょっとお金を持っているそこの貴方、
    このレビューを開いて時間の無駄を喰ったと思っているそこの貴方!
    ヘッドセットに迷ったら是をオススメします。
    (openを謳ってる割りには少しこもってるが)
 AmazonのGAME ONE Blackはこちら


続いては低価格帯の人気3機種です。販売数の上では、ここでベストセラーになっているK11のほうが、性能的に優位なA40 TRよりも圧倒的に人気です。

FPSのみならずオープンワールドゲームの初心者なら、まずこれらの普及価格帯のヘッドセットでゲームに触れてみるのがおすすめ。

KINGTOP K11

ゲーミングヘッドセット PS4 KINGTOP ヘッドホン K11

KINGTOP K11の要点まとめ

  • 一番人気。低価格ながら、完成度の高いよくできたヘッドセット。ゲームを楽しむうえで過不足ない性能で圧倒的コスパと言え、価格込みで高く評価できる。
  • 音質は高音の抜けが良く、低音にも量感のあるドンシャリ系。敵の位置はつかみやすい。
  • FPS以外のゲーマーにも使用されている。
  • デメリットとしては、集音性が高くマイクが周囲の音を拾いすぎる傾向がある。そのためのハウリングの指摘もある。
  • またプツプツと一瞬とぎれるような音飛びのレビューが散見され、当たり外れがあるとの評価もやむを得ない。その際のKINGTOPのサポートはおおむね良好だが、返金、代替品送付、新製品送付など、なぜか対応が一様ではない。
  • オーディオ&マイク変換コネクタ、Xbox360コントローラー接続用ケーブルなどが付属する。

ユーザーによる印象的なレビュー

レビュー数もダントツに多いです。

  • もうなんと言いますが「実用性重視でいいところをてんこ盛りといったヘッドセットだなぁ」と思いました。
  • 音の傾向としては、高音に篭もりは殆ど無く、低音もしっかりと響いてくる
    という高音より(だけど低音がガッツリ響く)のドンシャリタイプの音でした。
  • 手元にミュートスイッチやボリュームコントロールがついているのもポイントで二色端子までセットでこの価格は大変良いと思います。
    悩まれてるかたはとりあえず購入してみてはいかがでしょうか?コスパもいいので!
  • 総合(コスパ):◎
    これぞフツー。目立った欠点がないからこそ、値段以上の価値はある。
    特に感動とか付加価値とかいいから、普通のでいいんだよというかたにはオススメ。
  • 通話の際に相手側の声がヘッドホンからマイクに拾われているようで、
    相手側から「自分の声がエコーしているように聞こえる」との指摘を頂きました。
  • ゲーミングヘッドセットは安いものはマイク音質が使い物にならないレベルだったりするそうですが、
    この価格で必要な機能は全て揃うヘッドホンですのでおすすめです。
  • またメガネをかけていても痛くないという点も良いところだと思います。

レビュー内で肯定的な言及のある作品名は以下のとおり。

  • R6S(レインボーシックス シージ)
  • スプラトゥーン
  • CoD:IW(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)
  • AVA(アライアンス オブ ヴァリアント アームズ)
  • オーバーウォッチ
  • Skyrim(ジ・エルダー・スクロールズ・ファイブ・スカイリム)
  • スターウォーズ バトルフロント
  • BF4(バトルフィールド4)
  • BF1(バトルフィールド1)
公式プレイ動画 スターウォーズ バトルフロント

 AmazonのKINGTOP K11のページはこちら


KINGTOP L-GS500

KINGTOP ゲーミングヘッドセットPS4

KINGTOP L-GS500の要点まとめ

  • マイクが収納式なのは音楽用としても便利。
  • ヘッドホン部は低音に迫力のある良好な音質。ノイズキャンセリングマイクも(K11のように音を拾いすぎない)クリアな音質で、ボイスチャット相手からの評判がよい。
  • 装着感が良く、ヘッドバンドも金属で高級感があるが、重いという感想も多い。
  • PS4のコントローラーに接続すると、余ったUSB端子がブラブラする。
  • VC性能を特に重視する人なら、一番人気のK11ではなくこのL-GS500を選ぶ理由になる。

ユーザーによる印象的なレビュー

  • ボイスチャットはハッキリ聞えます。聞えにくいなどのフレンドからの苦情もありません。
  • ps4でのゲーム用に購入しました。
    ゲームをするにあたっては問題無く、迫力のあるゲーム体験をもたらしてくれます。
    マイク(なんと引出し式)に関しても、感度などに問題は無く、邪魔にならなくて好感が持てる作りです。
  • 音はこんなもんだろ、と割り切っていましたが、それよりも重さがしんどい。
  • 割り切って使うなら購入対象に入りますが、1万円以上のヘッドセットの代わりにはなりません。
    FPSのガチ勢は別の買ってください。
 Amazonのページはこちら


HORI GAMING HEADSET AIR ULTIMATE for PlayStation4

PS4対応ゲーミングヘッドセット3

HORI GAMING HEADSET AIR ULTIMATE for PlayStation4の要点まとめ

  • フラットな音質にこだわったゲーミングヘッドセット。
  • 女性レビュアーに好評。
  • 付け心地の異なるイヤーパッドが4種類付属。人工皮革タイプ、穴あき人工皮革タイプ、メッシュタイプ、ベロアタイプを選べる。
  • マイクアームは取り外すことができ、手元で音量調節やミュートができるリモコン付き。
  • PC接続用変換ケーブル付属。

ユーザーによる印象的なレビュー

  • 総合的に見てみると重低音が強調しすぎず、
    高音も耳に響くほどではなく、
    メリハリのきいた音をちゃんと出してくれる
    FPSに最適なヘッドセットだと思います('ω'*)
肯定的言及のあるゲーム作品
  • CoD:BO3(コール オブ デューティ ブラックオプス3)
  • BF1(バトルフィールド1)
プレイ動画(CoD:BO3) 壁も走れるんですね

 Amazonのページはこちら

最後に初心者向けのFPS作品として、映画の世界を自由に回遊できる『Star Warsバトルフロント』のリンクを貼っておきます。FPSの2大タイトルのひとつ「BF バトルフィールド」とゲームエンジンを共有していて、難易度は同シリーズよりもやや低めに設定されています。



Star Warsバトルフロント - PS4

Star Warsバトルフロント - PS4